ビセラ 成分

ビセラの成分は健康にいい物ばかり?配合している成分を調べてみました。

今、テレビや雑誌でも人気の短鎖脂肪酸が配合しているビセラ。

公式サイトで初回限定で500円で買うことができるビセラですが、

どのような成分が配合しているのでしょう。

成分にどのような効果があるのか調べてみました。

購入しようか迷われている方、ぜひ参考にしてみてください!

ビセラに配合している全成分

ビセラに配合している全成分になっています。

食物繊維(有機アガベイヌリン)、乳酸菌(殺菌)(乳成分を含む)、乳酸菌生産物質(大豆、乳酸菌)(大豆成分を含む)、酪酸菌末(乳、大豆成分を含む)、乳酸菌プレミックス(乳酸菌29種)(乳成分を含む)、乳酸菌末(乳成分含む)、有胞子性乳酸菌(乳成分を含む)、ガラクトオリゴ糖、デキストリン、マルトデキストリン/結晶セルロース、ステアリン酸Ca、HPMC、増粘剤(ジェランガム)、微粒二酸化ケイ素

これだけの沢山の成分を配合しているビセラなのですが、

有効成分はどれか詳しく解説していきます。

ビセラの有効成分

①短鎖脂肪酸

酪酸菌」を体内に摂取することが大切と言われていましたが、

実際は「酪酸菌」を摂取することによって作り出される「短鎖脂肪酸」大切なのです!

ビセラは短鎖脂肪酸をダイレクトに摂取できるので

肥満予防、腸の炎症予防、免疫機能の調整

などに効果があります。

②サポート菌が1兆個配合

・約1週間と体にとどまってくれる「ラクリス菌」

・一度で多くの菌を摂取できる「EC-12菌」

・粒子が小さいので体内に取り込まれやすい「ナノ乳酸菌」

などのサポート菌もしっかり配合しているので自分に合った菌が見つかるはずです!

ビセラにはこれらの成分が1袋当たり1兆個ほど配合してあります。

③オリゴ糖&食物繊維配合

オリゴ糖と食物繊維を配合することによって、善玉菌のエサを体内に摂取できます。

善玉菌のエサを摂取すると、菌が増えて便秘の改善や腸内環境を良くする効果があります。

④特殊カプセル採用

一般的なサプリに使われているカプセルは胃で溶けるように設計されているため、
せっかく善玉菌を摂っても熱や酸に弱い菌をそのまま必要な横路まで届けることができません。
「ビセラ」は胃で溶けず腸まで溶ける特殊カプセル。
大切な菌をそのまましっかりと奥深くまで届けてくれます。

安心して飲めるGMP工場で生産

ビセラを生産している工場は、法令で定められた「GMP」最高ランクで、

基準していて数少ない認定工場を合格しています。

安心安全に摂取できるように徹底的に衛星管理を行っています。

まとめ

ビセラを使うことによって、有効成分がたくさん配合しているので摂取することによって

腸内フローラを良くしてくれます。

購入しようか迷っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

キレイを維持できるようになりましょう。